ソウル旅。魂の叫び

前回の続き

ホットックに舌鼓を楽しんだ私たち。

さて、南大門市場は、イメージの韓国全開で

ゴミゴミして面白い。

散歩を楽しんでいると、

喧嘩のような声が聞こえてきた。視線を向けると、韓国のオバちゃんが店員さんに商品を持って何か訴えていた。

日本で駄々っ子の子供がスーパーで泣き叫ぶのをたまに見掛けるけど、

それを20倍凄くした所作と音量で大人が騒ぐのは

なかなかキツイもんがあった。

そしてオバちゃんがいきなり転んだふりをして、立膝をつき

「アイゴー!!」

と空に向かって叫んだ。

ほんまにアイゴーって言うてはる!

ちょっと感動するわたし。

(感覚でいうと、中国人が「アイヤー」って言うのを目撃できた感じ)

隣で、

「アイゴーは英語で言うbitchで合ってるか?!」

としきりに聞いてくるブイボン(イギリス人オット)

知らんがな笑!

(韓国Sちゃんカップルいわく、違うよ!おっとっと、とかかな。びっくりした時も使うよ、とのこと)

ちなみに、この旅行でこれ以降はこのような人は見かけることが無かった。なかなか貴重なもんを見た。

あんだけ人がいたら、どこの国でもそういう人は一定数いるんだろうな。ちなみに、この旅で良い人にも沢山出会っていることだけは伝えたい!

読んだよ💛の代わりに、下のエッフェル塔をポチッとお願いします。いつも、励みになってます、ありがとうー😭😭😭😭  人気ブログランキング

この後、オットとしばらくアイゴーが流行る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中