忍者屋敷にワクワク

高山の忍者屋敷(飛騨民族考古館)

かなり興味を示したロンドンから来た義両親。

口々に

「Ninja!!!」

世界で忍者は有名なんだなぁ…としみじみ。

先祖は忍者とか言ってみたい。

バリバリ農民だわ!(誇り持とうー!)

忍者屋敷は、表向きは医者の家とされていたけれど、裏では忍者として殿様のために情報の収集を行っていたとのこと。

実際に使っていた武器や

隠し階段につり天井などの設備的なもの

そして謎の土器や石など…しかも全部手書きで説明書きがある。

お察しの方もいそうだけど

ひっそりとやっているサブカル系忍者屋敷だった!

受付のおじさんが不意な瞬間にやってきて、ヒソヒソと語ってくれるのも楽しい。(末裔なのか?)

1782年の世界地図なんかもあって

 

現在の私たちからしたら笑ってしまうようなクオリティだけど、これは凄い!

そこに歴史のロマンを感じてならなくて胸がギュっとなった。240年前の人は、この地図を見てどんなことを想像していたのかな。

わたしは死ぬまでにあと何カ国に行けるかな?

なーんて思いながら、大昔の世界地図を見つめた。

…さ、旅をするには金が要る。働こう!英語勉強しよう!😱😭😱😭

読んだよ💛の代わりに、下のエッフェル塔をポチッとお願いします。旅は良いですね…本日も是非!ありがとうございます💓人気ブログランキング

忍者には憧れるけど、やっぱり今の飛行機もGoogleマップもある時代に生まれて良かった!

1件のコメント 追加

  1. キース より:

    昔の人もこの地図をみて、海外に思いをはせたんだろうね。
    これを見て海外からのご親戚は何を思ったんだろうね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中