【お盆】立山は天国に近いから2

立山は美しかった。地獄も天国も感じた。

なぜ立山信仰が存在するのか

肌で感じることが出来た。(軽いウォーキングしかしていないくせに)

昔は女人禁制だった。神聖な山に、穢れているとされる女性は立ち入ってはいけなかったから。

なんやそのルール!というのは置いといて、立山は本当に素晴らしかったので、平然と立ち入ることのできる時代に生まれて良かったと思った。

紺碧のみくりが池。

有毒ガスが出る地獄谷。

そして、今最盛期の高山植物、ちんぐるまが最高に可愛らしい。何枚もシャッターを切った。

そして…小学生の時から思っていたんだけど…

一体全体、なぜこの花は

ちんぐるま

なんて名付けられてしまったのだろう…。もし、好きな花は何ですか?と聞かれたら

「ちんぐるまと薔薇です」

と答えたいが、何故か言いにくい。

街中にたまにある「お食事処 ちんぐるま」みたいにハッキリキッパリ名乗っているレストランの人は何も引っかかりはしなかったのだろうか…。

読んだよ💛の代わりに、下のエッフェル塔をポチッとお願いします。大好きな写真てんこ盛りにしてみました、ぜひポチりとして頂けたら嬉しいです😂😂😂人気ブログランキング

立山には元気なご老人だらけで、見習いたいと思いました…

2件のコメント 追加

  1. キース より:

    ちんぐるまもうちょっと可愛らしい名前だといいのにね。
    富山人に名付けられたのだろうか。

    いいね: 1人

    1. まりんぬ より:

      母曰く、風車みたいな意味らしいですよ!笑笑
      「ちんとしとられんか!」のちんなんですかね…!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中