栗は英語でマロンじゃない

母と団欒していたら、ブイボン(ロンドン夫、別居婚)から電話が掛かってきた。こういう時、スピーカーにして3人で話すことがある。

わたし「いま栗きんとん食べてる!知ってる?!マロンのサムシングなんやけどー!」

ブイボン「マロン?!マロン…栗?英語は通じないよ!

チェスナッや」

(chestnut)

違う。

こういう時、母は大体間違う生き物。

思いっきり日本語で教えてあげると、納得していた。

いやー知らなかった!マロンはフランス語か。夫は日本でマロンが栗だと覚えたんだって。

そうなんや!と思ったあなたも、当たり前やん!のあなたも💛下のエッフェル塔をポチッとお願いします。ぜひぜひ愛のポチりを😍😍😍 人気ブログランキング

チェスナッ関連のお菓子は美味しいよねぇ❤️

2件のコメント 追加

  1. 言われればそうですね…(>_<)
    私も、「マロン」だと思ってました(^^;

    いいね

  2. キース より:

    マロンケーキをチェスナッケーキって言ったら、
    ちょっとかっこいいかも。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中